ストレスで発症

女性

新たな治療法

うつ病は、ストレスが原因で発症するのではないかと考えられています。まだまだはっきりとした原因がわかっておらず、研究が続いている病気ではありますが、ほとんどの人がストレスを強く感じて発症しているといわれています。ストレスを感じると、身体的にどのようなことが起こるのかといいますと、脳内神経細胞の一つであるセロトニンが減少するということが伝えられています。セロトニンは精神を安定させるのに重要な役割を行う脳内神経細胞で、脳の中で分泌されることでその効果を引き出します。それが減少すればじかにストレスを感じやすくなり、思考能力が低下し、さまざまな負の感情を引き起こしやすくなります。つまり思考能力が低下することで感情のコントロールが効かなくなり、いろんな感情が身体を蝕んでしまいます。ストレスが毎日のように積み重なってたまっていけばどんどんセロトニンが少なくなり、病気につながっていくわけです。うつ病はセロトニンが不足することで発症する病気とも言われ、病院で診断を受けてから治療を始める際は薬物療法で、セロトニンを脳内に分泌させられる薬が処方されることが多くあります。打つビュ鬼なればもう治らないのではないかと考えてしまう人もいまして、診断を受ければさらに不安を感じることもありますが、それはデマでうつ病は治る病気です。しかし早く治すことができるようにするためには、病院で持ちようだけでなくセロトニンの分泌を良くするために、生活習慣の中でストレスを発散させられる方法を取り入れることが必要です。うつ病と医師から診断を受け、治療が始まればどのようにして治していくのか、その流れが全くわからずに患者も患者の家族も不安になることもあるかもしれません。うつ病の治療法は主に薬物療法となっていますが、必要であればカウンセリングを行うこともあります。なかには薬を服用することに大きな不安や拒否感を覚える人もいます。そのため、現在、認知行動療法いう治療法も出てくるようになり、それを受けようとする患者も出てきています。それはマイナスな考えに傾いてしまっている思考を、修正させていく心理療法です。日本ではまだ少ない治療法となっていますが、欧米ではそれは当たり前のように存在しています。診断を受けてから認知行動療法で治すことができれば、再発率は5パーセントと非常に低く調子も良くなっていきます。日本でまだ少ない理由は、認知行動療法をすることができる医師が少ないためでありますが、知られるようになればこれから徐々に増えていくかもしれません。もし認知行動療法を受けたいというのであれば、どの病院で行われているのか調べて問い合わせることが良い方法となります。また現在ではインターネットも利用できるので、検索して認知行動療法が行われているかどうかを調べるのも良いかもしれません。そして病院での治療だけでなく、生活習慣の中でストレスを発散させる方法を取り入れることも大事ということですが、いきなり大きく改善させるのは難しいことです。家の中に香りの良いアロマを使ってリラックスしたり、リフレクソロジーでマッサージを受けたりするだけでも、十分なストレス解消法になります。

Copyright© 2018 うつ病と診断された時の対処法【大丈夫だと過信しすぎない】 All Rights Reserved.